【賃貸でもOK!】壁や天井を傷つけずに吊るすインテリアを楽しむ方法3選!

SNSフォローボタン
ヨコをフォローする
ヨコ
ヨコ

前回のブログでは、吊り下げてインテリアをディスプレイするアイディアについて書きました。
今回は、賃貸でも簡単に吊り下げインテリアを楽しむための吊るし方をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

1|ライティングレールをつかってインテリアを吊るしてみよう!

実は知らない人も多いのが、ライティングレールをつかって吊り下げインテリアを楽しむ方法です。

ライティングレールとは、天井についているレールの事です。通常スポットライトやペンダントライトを取り付けて使用します。

このライティングレールに専用のフックを取り付けて、吊るすインテリアを楽しむことが出来ます。

専用フックとはこんな感じのものです。

このようにレールに取り付けます。

1つ数百円なので、安価に手に入るのも嬉しいです。

家にはライティングレールなんてないです!

そんな人でも大丈夫です。

引っ掛けシーリングさえあれば、工事不要で後付けのライティングレールの取付が可能です。

引っ掛けシーリングとは、天井についている電気の根本の部分。

こちらに後付けの『簡易取付型のライティングレール』を取り付けることが可能です。

これだと、賃貸でも気軽にライティングレールを取り入れることが出来ます。

スポットライトやペンダントライトも取り付け出来るので、お部屋の雰囲気も変えることが出来ます。

スポンサーリンク

2|強力磁石を使ってインテリアを吊るしてみよう!

2つ目のアイディアは磁石です。

磁石と言えば冷蔵庫ですが、実は意外な場所にもつくのです。

玄関扉

玄関扉は磁石がつきます。

お正月飾りや、クリスマスリースなど季節の飾り物をする場所としても良いですよね!

ドライフラワーをかけておくにもおすすめです。

②レンジフード

実はキッチンのレンジフードも磁石がつきます。

磁石を使ってキッチンツールを吊るしば、便利かつインテリアのアクセントにもなってくれますね。

※どちらも素材によっては磁石が付かない場合があるので、まず家にある磁石で試してみて下さいね!

私が最近買って良かった強力磁石のフックがこちらです。

良かったら参考にしてみてください!

3|突っ張り棒を使ってインテリアを吊るしてみよう!

壁を傷つけずに便利に使えるアイテムが突っ張り棒ですよね!

突っ張り棒は吊るすインテリアを楽しむ際も活躍してくれます。

突っ張り棒ってなんかデザインがな~・・・

最近は、デザイン性が素敵な突っ張り棒も出ています。

DLAW A LINE シリーズ

長年突っ張り棒を作り続けてきた平成伸銅工業と、クリエイティブユニットTENTがコラボレーションした突っ張り棒です。

棚なども一緒に売っていて、吊るすインテリアにピッタリ!とてもかっこいいです。

ただ、写真で見るより突っ張り棒が太いです。2.2~2.5cm。

しっかり目なので、狭い場所に取り付けると少しゴツいかも知れないの注意してください!

②アイアンテンションロッド クラシカ シリーズ

頭の形が丸と四角から選べて色も4色か選べるこのシリーズ。

ロッドの太さも1.3~1.6cmと華奢なので、狭いところでも使いやすいです。

シャビーなアンティーク色もそろえているので、ドライフラワーなどとも相性が良さそうですね!

4|まとめ

いかがでしたか?

① ライティングレールを活用する

② 強力マグネットを活用する

③ おしゃれ突っ張り棒を活用する

賃貸だったり、壁や天井を傷つけたくない人でも吊るすインテリアは手軽に楽しむことが出来ます。

少し人とと差がつくこのアイディア是非試してみてくださいね。





タイトルとURLをコピーしました