クッションカバーってどこで買う?オススメメーカー3選のご紹介。気軽に模様替えしてみよう!

SNSフォローボタン
ヨコをフォローする
ヨコ
ヨコ

『クッションカバーってどこで買うとよいですか?』という質問は、お客様からも多く頂きます。今回は私が使ってみてオススメの3つのメーカーをご紹介したいと思います!参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

1|とにかく種類が多い!ACTUS!

個人的には、クッションカバーを買い足そうと思ったらまず【ACTUS(アクタス)】で探します。

一時期、クッションカバーを探し求めて色々な家具屋さんをまわった事があったのですが、ダントツでACTUSの品ぞろえが良かったです!

ACUTUSクッションの特徴  

【GOOD POINT】

・素材感の種類が多い
ヨーロッパからの輸入品が多く、綿のようなザックリした風合いや、少し光沢のある風合い、生地に柄が織り込まれていたりと生地感もお好きなものから選べます。

・無地・柄物とデザインの種類が多い
色の豊富な無地に加えて、柄物が多いのも特徴です。柄と言っても北欧デザインのような幾何学模様が多いので、奇抜になりすぎないのも良いなと思っています。

・サイズの種類が多い
ACUTUSのクッションは43×43、35×50、45×45、50×50、60×60(すべてcm)とサイズが多いのもの特徴です。

【イマイチ POINT】

・少しお高め・・・・。
クッションは、カバーだけでなく中材も買わないといけません。例えば45cm角のクッションを買おうとすると、カバーが平均4000~5000円、中材が2310円なので、約6500~7500円。ちょっと痛いですよね・・・。

お洗濯は?】

・生地によってお手入れが違うので、生地のお洗濯表記を確認してほしいのですが私の持っているものは、お家で単品洗濯OKのものもあれば、ドライクリーニングしてというものもありました。

ヨコ
ヨコ

ズボラすぎる私は、ドライクリーニング用も試しに家で洗ってみましたが、意外と大丈夫でした(苦笑)あ・・・、あくまで自己責任でお願いします。

実際つかってみてどう?

私は今の家に引っ越してきた時に、ACUTUSのクッションを購入しました。

一番古い物は5年、その後2年前に買い足しています。

家のソファーは背もたれがない小上りタイプなので、クッションを背もたれ替わりにガッシガシに使っています。(床座でご飯を食べるときに座布団にもしてます(汗))

やはり少々のへたりはありますが、5年前の物もまだまだ現役です。(写真の大きい黄色のもの)

1つはカバーのファスナーが壊れてしまって買い換えましたが、生地のほつれなどはなかったです。

ヨコ
ヨコ

全体的に丈夫な気がします。
これだけ長く使えるのなら初期投資の金額も回収できたかな?

また、これはアクタスのクッションに限ったことではないと思いますが、天然フェザーの中材をつかっているので、独特のにおいがあります。

天日干しやドライクリーニングなどでお手入れが必要です。

ヨコ
ヨコ

でも、天然フェザーはとっても使い心地が良いです・・・!

▼ACUTUS オンラインショップのクッションページを見てみる▼

ヨコのオススメクッションはこちら

ヨコの一押しクッションを1つだけご紹介します。

出典:ACUTUSオンラインショップ

CHENILLE-P クッションカバー 60cm角 ネイビー
¥7,150 (税込)

クッション中材 フェザー 60cm角
¥3,960 (税込)

そう・・・・お高いのです・・・!ひえ~という感じですが・・・

60cm角で大きさもゆったり、使い心地、シンプルながらほどよい高級感とっても良いです。

人をだめにするクッションです(笑)

値段以上の満足感はありました。良かったら参考にしてみて下さいね!

スポンサーリンク

2|素材と風合いにこだわりあり!sarasa design!

【sarasa design】 は東京都の青山に直営店があるシンプルで飽きのこない、洗練された生活雑貨を扱うお店です。

こちらのクッションカバーも素敵なものが多いです。

sarasa designクッションの特徴

【GOOD POINT】

・素材へのこだわり
sarasa designはオーガニックコットン100%を使用していたりと、素材にとてもこだわっているので、優しい使い心地が特徴です。

・編み込みやワッフル生地など珍しいデザイン
ざっくり編まれたような生地やフリンジの付いた生地、ワッフル生地など他にないようなデザインが多いのも特徴です。

・よくSALEをしていている
公式のネット通販や、楽天市場などインターネット販売が強いのも特徴です。
そしてよ
SALEをしているので、チェックしてみてくださいね。

【イマイチ POINT】

・常時扱っている商品の種類が少ない。
インスタやピンタレストで「かわいい!」と思っても、その時扱っていないことが多く、常時ショップに並んでいる商品も少なめです。気に入ったものは即決するのがオススメ。

お洗濯は?】

生地によって違うのでそれぞれ確認が必要ですが、タオル生地をつかっていたりコットン系のものはお家でのお手入れも出来るものが多いです。

実際つかってみてどう?

私は1つしか持っていないのですが、織りと柄に存在感があって気に入っています。

ザックリ目の織りなので、どこかにひっかけたのか少しほつれが出ています。

青山のお店でセールの時にかったので、なんと2500円くらいでした!

お得に買う事ができて満足です。

▼ sarasa designオンラインショップのクッションページを見てみる▼

3|コスパよしシンプルが一番!無印良品!

無印のクッションは来客用に最近購入しました。

無印良品クッショの特徴

【GOOD POINT】

・コスパが最強!
なんと言ってもコスパが最強です。クッションカバーはコットン100%のものが980円~。中材もポリエステルの洗えるタイプは何と390円。羽クッションでも590円です。おそるべし無印・・・。

・触り心地が良い
オーガニックコットン100%、綿100%など素材にもこだわっているためとても触り心地が良いです。

・飽きのこないシンプルなデザイン
無印良品の特徴かも知れませんが、どんな家にもなじみやすいシンプルな無地とカラーバリエーションです。

【イマイチ POINT】

・柄物はほとんどないので、アクセントにはなりにくい
今回のブログのテーマでもある、「模様替え」という意味だと少し物足りないかも知れません。アクセントになる感じではないので、常時つかう引き立て役になりそうです

お洗濯は?】

生地によって違うのでそれぞれ確認が必要ですが、基本的にお家で洗える素材のようです。小さなお子さんがいてしょっちゅう汚しても気兼ねなく洗濯できそうですね!

実際つかってみてどう?

私は来客用に最近購入しました。

とにかく価格の安さに驚き!使い心地も良いです。

中材をポリエステルわたを使用した『洗えるクッション』にしたのですが、ガッシガシに使っていくとすぐにへたってしまいそうだな・・・という印象をうけました。

カバー自体の耐久性もこれから使っていくうちにどうか検証していきます。

▼無印良品オンラインショップのクッションページを見てみる▼

ヨコのオススメクッションはこちら

ヨコの一押しクッションを紹介します。

無印良品 洗いざらしの麻クッションカバー/チャコールグレー 43×43cm用 82595307
店頭価格:990円

帆布やデニム生地などありますが、私のオススメは『洗いざらし麻クッションカバー』シリーズです。

程よい柔らかさがつかっていくうちに心地良く馴染みそうです。

4|まとめ

いかがでしたか?

クッションカバーはどこで買うのだろうという質問が多い中、私が実際つかってみてのオススメを書きました。

お気に入りの柄クッションと、普段使いのクッションを混ぜてつかうのものオススメ。

是非参考にしてみて下さい。

ヨコ
ヨコ

クッションを変えるだけなら、気軽模様替えが出来ます。

試してみて下さいね!

タイトルとURLをコピーしました